魂の道場・カウンセリング

やすらかさと安定感のある心を創る。
 
トップページへ
システム・料金のページへ
予約・メール・所在地のページへ
プロフィールのページへ
みなさまの声Tのページへ
みなさまの声IIのページへ
みなさまの声IIIのページへ
日記のページへ
掲示板へ
「魂の道場」認定カウンセラー

 
システム・料金

個人カウンセリング


「魂の道場」のカウンセリングは、私達は霊的(意識的)存在であるということをベースにしています。

自分の中に存在している本当の自分「私」(普遍的能力のかたまり)はその証であり「私」を使うことで、精神的、霊的(意識的)成長と進化を促していくことを行っています。それにより、悩みや問題、生きにくさ、などを超えていくことを学びます。(詳しくは著書「卵の上の私U」 郁朋社 をお読みください)

私達には本当の自分=「私」と「私」以外のものたち=感情、感覚、パターン(刷り込まれた思いこみ、信念)、
思考、性格、記憶、肉体とが共存しています。

本来、「私」には愛に基づく心身のリーダーとして「私」以外のものたちを、おもりし、導き、心を統合していくための数々の力が与えられています。しかし、「私」が自分に内在していることを知らないために「私」は育っておらず、小さく、持っている力を発揮できずにいます。

育っていない「私」の代わりに長い間活躍してきたのが、パターンというものです。パターンは子供の頃に親や周りの大人や、生活環境、教育を通して、刷り込まれたり、又は自分自身で刷り込んだ「信念」「思いこみ」「常識」などです。

例えば何かの体験を通して「自分はだめだ」「人に嫌われたくない」「人生は厳しくつらいもの」「私には価値がない」「他人に認められたい」「他人は信用できない」「自信がない」・・・など、色々なパターンが誰の中にもあります。それはその人にとってはあたりまえのものであり、それを動機にして長い間生きてきています。その動機で生きると、生き方に制限がかかり、その動機の結果が現実に反映されやすいのと同時に、パターンはあらゆる感情や感覚を生み出すため、小さな「私」はあらゆる感情に飲み込まれ、翻弄されている状態です。それが苦しみになります。そして、苦しみが実際の問題、悩みとして現れています。

実は、「私」がだめなのではなく「私はだめだ」というパターンが存在しているだけなのです。 

カウンセリングでは、今、自分を苦しめている感情、感覚を感じ、それを生み出しているパターンをみつけることをまずやっていきます。みつけたパターンは排除するのではなく、ケアして落ち着かせ、小さくしていきます。ここにひとつのたいへん大切なポイントがあります。自分の中のあらゆるものを差別することなく受容し、おさめていくことは「私」の本質です。おさめる力があればパターンがいることは全く支障ありません。又、排除するということは抵抗と闘いです。自分の中にそれを持ち込まず、そこを超えていくことをやっていきます。

パターンに問題があるのではなく、育ててこなかった「私」に問題があります。

それと同時に「私」と「私」ではないものとの分離感を創っていく作業をしていきます。分離感が自分の中にできてくると、それだけでも心は整理されていきます。作業は主に、カウンセリングの技法による対話や、「私」による自分の観察、ケア、選択、実践、オリジナルワーク、イメージワーク、コミュニケーションスキル、熟考、など、多岐にわたって行います。

この作業には即効性はありません。時間を必要とします。何十年とパターンで生きてきた在り方を、一気に変化させるということは乱暴であり、無理であることはご理解いただけると思います。すぐに効果を得たいと多くの方が思いますが、時間をかけないと創れないものもあります。心の世界はまさにそうです。そして、時間をかけるからこそ、安全で、確実に定着し、戻ることがありません。

このカウンセリングで体験することは、初めてのことばかりだと思います。自分自身を探究することに興味があり、自分の成長、進化のために自分に時間を与えてあげようという方にはきっと楽しめるセッションになると思います。

グループカウンセリング


個人カウンセリングに慣れてきた方で、グループカウンセリングを希望される方々で行われています。内容は基本的には個人カウンセリングで行っていることと同じですが、グループになることで、より、気付きや、発見が多くなり、その場にダイナミックさが出てきます。

又、同じことを学んでいても、ひとりひとり捉え方、考え方、課題、個性が違うので、自分とは異質な人を理解し、受け入れていくこと、自分を表明していくことを実践する場になります。ここでの実践は日々の生活の中で大いにいかされます。そして、自分の得た力は他人の中でこそいきたものとなります。

大人になると、本心から語り合える人間関係はほとんどないと思います。グループセッションでは、そんな貴重な体験ができます。家族とも、日常の人間関係とも違う関係性がここにはあります。お互いに良い距離をもち、お互いの課題を尊重し、お互いに成長、進化していくことをサポートしあうことで、本当のコミュニケーション、信頼というものを感じられる体験になるでしょう。お勧めしたいカウンセリングです。

カウンセラー養成について


カウンセラー養成のためのものは特別にはありません。基本的なカウンセリングの技術は、個人、グループでのカウンセリングに含まれているからです。(カウンセリングの技術は仕事場、家庭、プライベートなど他人と関わるときに大変有効な技術なのでそれも学びます)

又、カウンセラーに必要なことは常に自分を観察し続け、ケアし、選択し、実践していくうちに自分の全てを「理解し、許し、愛する」自分になるということです。自分に対してどこまでそれが深くできるか、というところが最も大事な点です。自分の全てを「理解し、許し、愛する」ことができるようになると、自然と他人を「理解し、許し、愛する」ことができるようになります。自他への深い理解力が必要になります。

「魂の道場」では、この在り方そのものがカウンセラーであると考えます。

これを自分のものにしていくことを個人でも、グループでも行っているので、カウンセラーへの希望があれば、試験を受けていただき、合格したときには、カウンセラーとしての活動をしていただいています。(認定証をおわたしします)

カウンセラーとは役割ではありません。カウンセラーに成るということではなく、カウンセラーとして在るということです。
それぞれの個性で、私にはできないカウンセリングを行ってくださることを願っています。

料金

1.個人カウンセリング・・・10,000円/90分
個人カウンセリングは基本的に月に1、2回のペースで受けていただいています。
大切なことは継続するということですので、無理のないよう、回数はその都度決めていただいています。

2.グループカウンセリング・・・25,000円/4時間
グループカウンセリングは現在各クラス(茅ヶ崎、沖縄、岩手)ともに2か月に1回行っています。

>>ページトップへ

Copyright 2006 魂の道場・カウンセリング