ponta日記

・主婦カウンセラーの日常・・・は?

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

特別な力に惑わされないように
2017/03/16

自分に向き合うことを続け、少しずつ、自分の心が統合されてくるにつれて、今までとは違う、継続的な安定感を感じられるようになります。やすらぎ、平和、おだやか、静けさ、軽さ、広がりということを思考ではなく、体験します。何より、自分の中にそれがあることは自信につながっていくと同時に、自分が「私」であり、創造する存在であることを理解すると思います。

それだけでも嬉しい、よかったと思えると思いますが、それと並行して、その方の魂の成長と進化のために、サポートをしてくれるものから教わるということが自然に起きてきます。

それは人それぞれです。実際そういう体験をされた方の話を聞いてみると、それらは気分的につくられたものではなく、派手でもなく、澱みなく、その方にとって必要な情報として、知識として、導きとして与えられているのがわかります。魂の道場を抜け出して、新なナビ、先生、仲間を見つけたようなものです。

しかし、この体験に執着(もっとその力を大きくしたい、明日も明後日もこういう体験をしたい、自分は特別などのパターンを選択する)してしまうと、それはまたひっそりと姿を消し、また、ひとりで自分に向き合うようにはからいます。その在り方が、正しきものであることを感じさせます。

悪しきものは、執着というパターンにたくさん欲しいものを与え、コントロールしていきます。おまけに神の名を名乗ることもあるので、本当に注意が必要です。神は一切名乗りません。

そういう体験を通して、人間だけではなく、いろんなものと接したり、教えてもらったり私達はしていくことができます。でも、それはあくまでも自然に起こる副産物です。絶対にそれをねらわないこと(ねらいたいという気持ちはどんなパターンが作っているのかを観察してください)そういう力を得られるというような学びはしないことです。ここの怖さを知らない人がとても多いです。

正しきものは全てのものが神のルールのもとに在ります。特別な力に惑わされないように、ただただ、純粋に自分に向き合うことを続けてください。

究極の白は許し‥の補足
2017/03/15

先日、日記に書いた「究極の白は許しである」ということの補足です。

ここでの許しとは、自分を抑えて、我慢して、相手を許そうということではないと言いました。ここは、わかりにくいかもしれません。許すと聞けば、嫌いな相手や自分とは対立している相手を、と思うと思います。そのときには相手のことは嫌いだし、受け入れていないのだから、許すためには、自分が我慢するとか、嫌っていない様子で接するとか、言いたいことはぐっと抑えて相手に合わせる、相手のやりたいようにさせる、ということが相手を許すということなんじゃないかと考えると思います・・が・・そういうことではないんです。

これはつらいです。この自分への抑圧はいずれ爆発しますし、何より自分が疲弊していきます。

じゃあ、どういうこと?ということなんですが。許しとは理解であるとも書きました。何を理解するのかというと、相手の今の在り方や、立場や、言動などに対して、どうして、なぜ、それを相手は選んでいるのかという、今の相手そのものを理解するということです。自分の言い分や、哲学や、状態はちょっと置いておいて、相手を優先して理解するということです。そこで感じられることは自分と同じように相手がいろんなことを怖がっていたり、自分と同じようにさびしさや自信のなさを感じていたりしているんだ、ということです。

そのときに自分の中に湧き上がる理解にともなう気持ちや感覚が許しになります。

この理解は自分のパターンへの理解を体験していないとわからないものです。人は自分にできることしか他人にできないんです。その意味でも語りかけが大事です。その理解があれば、どういうふうにその相手に接したらよいのかはわかると思います。

自分のことを置いといて相手を優先するということにおいては、相手を納得させるとか、自分をわかってもらうとかではないです。それは置いといてだから。

誰でもが自分のことでいっぱいいっぱいです。それを横に置いておける自分になるためには、誰かにそれを満たしてもらおうとしなくてもいい自分になることです。自分で自分を理解し、許せるようになるということは誰かにもう満たしてもらわなくていいということです。自分でそれはできるから。結局、自分で自分の面倒をみられるようになれば自然と相手のために心を使えるようになり、それは相手への理解と許しという愛の行為にもつながっていくということです。

時間
2017/03/14

「時間は大事なことだけに使う」ということを聞きました。

自分の(この世での)限りある時間を無駄なことには使いたくない、という言葉でした。これを聞いたときに、思ったのは「私も〜〜〜」ということでした。

無駄なこととは(今の私にとっては・・です)自分の心に起きたことをスルーしたり、他人や物事のせいにしたり、それについてもんもんと考え続けたり、自分の外に意識がいってしまうことです。これは時間の無駄です。

この言葉を言った方は画家の方なので、とにかく絵を描くことだけに(又は、絵に関わることだけに)時間を使うということになります。

私は、自分を観察し、選択することに、そして自己探求を求める方たちのために(又は、自他の魂の成長と進化に関わることだけに)時間を使うということになります。それが私の大事なことです。

大事なことは、日々の生活の中に溶け込み、溶け込んでしまうとそれは特別ではなくなり、いつのまにか生活の中で最も高く、広い位置を占めていて、時間のほとんどはそこに使われていると感じます。それがあっての主婦業であり、父のサポートでもあり、自分の好きなことです。いつのまにか逆転していたことに気付きます。

あなたの大事なこととは何ですか?いろんなそれがあっていい。それを大事にしてください。そして、この世での限りある時間をどうぞそのことに使ってください。

究極の白とは・・・
2017/03/13

黒パターンは強い決めつけをしています。

あの人は間違っている、こうあるべきなのに、あの出来事は違う、こうあるべきなのに・・・というものです。

この強烈な決めつけを緩和させていくためにも語りかけが必要になります。そして、そのあとに行う白黒ワーク。

白パターンは「もしかしたらそんな決めつけをしなくてもいいのかも・・」といういうものが良く使われます。これはまさに決めつけなくてもいいという新なものを「私」が選択して、実践していくことで今までは体験しなかった新なその人と、物事との関係を創っていくことになります。

で、今日のお題なんですが。究極の白とは何なのか、ということです。それは「許し」になります。許しは理解です。深い許しになればなるほどそこには深い理解があります。愛の行為です。

それは言葉をかえれば「あるがままに受け入れる」とも言えます。「その人を、その出来事を許したい」これが究極の白です。

こういうマスター級の白を今の自分が選びたいのか、ということです。無理をしてここを選ぶ場合、きっと自分の中のあらゆるものを抑圧し、我慢していくことになるでしょう。だから、まずはもっと手前にある白を選んでいくことになります。

決めつけなくていいかも、〇〇をやってみよう、など実践に結びつくものを選びます。それをやっていくうちにまた新な白を考え、また実践し、いつの日か「許し」を選びたくなるのです。選ぶのではなく、選びたくなるんです。

「許し」というと、自分が我慢して、相手のまたは物事をやりたい放題にさせておくことだと捉えるかもしれませんが、そうではありません。それは黒パターンが許そうとしているものです。許しは「私」の理解です。なぜ相手がそうなのか、なぜこういうことが起きているのかを相手の立場に立って理解するということです。そして、それは同時に自分に対しての許しでもあります。理解があればどのように自他に向き合うのかはわかってきます。

この領域を体験するために全てのワークがあります。そして熟考すること、対話をすること、それの繰り返しでその領域を体験していきます。

一番の近道
2017/03/11

沖縄で朝見たTVに小室等さんが出ていました。

小室等さん・・知っていると言う方は同年代の方でしょう、きっと。

小室等さんは現在73歳。フォークシンガーです。当時活躍していた吉田拓郎さん、井上陽水さん、泉谷しげるさんと4人の現役ミュージシャンがレコード会社(フォーライフレコード)を設立し、初代社長になったのが小室等さんで、これは話題になりました。

そのころ、ラジオ局にいた私もフォーライフレコードの営業の人たちは今までのレコード会社の営業の人たちと違って、おしゃれで、かっこよく見え、憧れていました。彼らが着ているもの、持っているもの、行く場所など、最新のものを色々と教えてもらったのを覚えています。

その小室等さんなんですが、健康な体を保っていくために、筋肉をつけるということが大事と聞いたので、運動をしようと思っていたときに、ある整形外科医と知り合い、そこで習ったことは、筋肉をつける運動をする前に、まず、筋肉をつけることのできる体をつくらなくてはだめだということを教えてもらった・・と話していました。

筋肉をつけようとがむしゃらに腹筋運動だの、背筋運動だの、たくさん走るだのしてもそれは体を痛めるだけであるということです。まずは筋肉をつけられる体になる(まっすぐ立てる体、バランスが取れる体だそう)そういう体をつくってから筋肉を鍛えていくのだそうです。

なるほど〜〜〜と思いました。心もそうよ。まずは心の基盤をつくってから、スピリチュアルなことへいかないと。スピリチュアルな世界を捉えられる、受け取れる心がなくてはふらふらしてしまってだめです。全てそうですね。何かを得ていくときには、段階があるということ。その段階の時点では派手なことはないので、おもしろくないかもしれませんが、それがとても大事で、なおかつ、それが一番の近道になります。

大人の特権
2017/03/10

・・・中毒のような人間関係・・・と言ったのはたしかエックハルト・トールさんだったと思いますが。

これは、ごくごく普通にあることです。

ちょっと考えただけでもわかると思います。恩義があるから、嫌われないように、悪いから、傷つけないように、つきあっていると得するから、昔からの知り合いだから、良い人、他人から認められていると感じたいから、怒らせると面倒な相手だから、さびしいから、などで誰かと関係を続けることが中毒のような人間関係です。

それはあたかも大人としての在り方のようにも思われています。しかし、大人だからこそ、中毒のような人間関係とは縁を切り、シンプルな人間関係で、美しく在りたいと思っていいのでは?もう、毒されたゲームからおりていいのでは?純化していくことで、フレッシュな感性を持ち続け、自由に生きていいのでは?と思います。

・・・・・大人の特権・・・・・

中毒のような人間関係から離れていくと、もしかしたら一気に友人(・・って今の時点での黒パターンが思っている友人)がいなくなり、一人になるかもしれません。一緒に連れ立ってあちこち行くことがなくなり、お茶することもなくなり、時には自分だけ誘われずに皆が楽しそうにしている場面を見るはめになるかもしれません。

でも、もう、嘘をつかなくていいという選択がどれだけ気持ちよく、自分を誇りに思えるか。そして、それがどれだけ他人を大事にすることになるか。そういう体験をきっとするはずです。そして、そんなあなたのことを見ている人がいます。その人も中毒のような人間関係と縁を切った人です。そういう人達との新な出会いもやってくるはずです。

だから、勇気をもって、自分の「私」の声に従って、愛の人(天の意思に沿って生きる人)として生きていくことをお勧めします。

ホテルの部屋が教えてくれたこと
2017/03/09

今回の沖縄も‥ちょっと寒かった。

薄手のダウンをもっていってよかったでした。3月の沖縄でダウン?と思ったけれども、着ている人もけっこういて変に目立つこともなかった・・ということでよかった。

で、今回はいつものホテルではなく、ちょっと(私としては)お高めのところに宿泊。ホテルに着くとフロントで「レディースルームが空いていますのでそちらへ変更いたしましょうか?」と聞かれ「料金はかわりませんか?」とまず聞く私。このあたりに貧乏性があらわれています。

お部屋は最上階の角部屋。ドアを開けて部屋に入ると、いつものホテルの部屋のようにベッドが目に入ってくるのではなく、こじゃれた感じでコーナーがあり、その先にベッドがあるとても女性向きの感じのお部屋でした。

シングルベッドが2つあり、そのためでしょう、タオル類がやたら多く、大きな画面のテレビと、150センチの私では溺れそうな広いバスタブ、ベッドもたぶん身長160センチの方使用ではないかと思われる高さのため上るのがちょっと大変というベッドのお部屋でした。

初日はどこに身を置いていいやら、うろうろとしてしまいました(やっぱり貧乏性)この部屋も1日で慣れるだろうと思っていましたが、落ち着かない日が続き帰る日に。多分2回目はないなと思いました。

この小さな体にはこの広さと物はいらないんだと思います。旅先でも、自分が管理できる広さが私には落ち着けるのだとも思いました。

そしてもうひとつ、もう、こういう非日常は必要ないんだということにも気づきました。忙しい日常から抜け出して、旅行に行って、そこで解放感や癒し、ゆっくりとした時間を感じるということを私もかつてはやっていました。しかし、今回、それを得るためにどこかへ行く、何かに囲まれる必要も自然となくなっていたんだということに気が付きました。

日々の生活の中にそれがあるからです。いや、あるというより本来は自分で生み出すものだからです。家でもホテルでも自分の在り方は同じ。結局自分で何を創造するのかということなんだと思いました。

旅行もこれが不必要であればあとは知的探求のためだけに行くので経済的(・・とまた貧乏性)今回のホテルの部屋が教えてくれたことでした。

こたつ
2017/03/03

まだまだ寒いこの時期に、気に入っていた暖房器具が壊れました。なんでこの時期に〜〜〜。

寒さもあと少しだと思うので、来年、買えばいいかとも思いますが、もともとエアコンが嫌いなので、これからのあと少しをどうしたものか。

・・・・で・・・・思い出したのが「こたつ」・・・・

横浜に住んでいたころは和室があったので、冬は、そこにこたつを置いて、カウンセリングもこたつに入りながらやっていました。今思うと、なんて、生活感のあるセッションルームだったんでしょう。初めていらして、こたつで引いた方もいたと思います。暖房器具が壊れたことで、足腰があたたまるこたつがとても懐かしく思われました。

ただ、こたつは入ってしまうと、なかなか出るのが億劫になります。そしてついついうたた寝もしてしまいます。それを思うと、こたつは・・・・。でも、次に引っ越すときには置きたいものです。

さて、今日から沖縄へ行ってきます。前回の沖縄はものすごく寒くて寒くてまいりましたが、今回はきっとこちらよりは暖かいはず。ありがたいです。皆さまもどうぞ寒さに気をつけてお過ごしください。

孤独の勧め
2017/03/02

孤独というと、悪いイメージが一般的にあると思います・・が・・私は孤独でいられる自分になることをお勧めします。

しかし、これは他人を排除する、他人と関わることは面倒、自分勝手でいたい、どうせ他人は思い通りにいかないから、ということで孤独を勧めているのではありません。孤独でいる自分も他人ともいられる自分も両方が大事です。

なぜ、孤独を勧めるのかというと、孤独でいるときは、自分により向き合うことができ、人が本来もっている大切な力を育てていくことができるからです。その力は、感受性、想像力、創造力、建設的思考、そして直感力などです。

世の中、SNSが主流ですが、あの世界は孤独とは真逆の世界です。ほとんどの人が黒パターン(一人でいたくない、誰かに認めてもらいたい、誰かとつながっていたい、もっともっと自分を知ってもらいたい、もっともっと情報がほしい、あの人のことが気になる・・などなど)でSNSを使っています。そこには孤独にならなくてすむということがおきています。孤独を嫌がるパターンにとってはとても居心地の良いところになります。そして、気付かないうちに、そこに縛られていく。

SNSはとても便利なツールですが、自分が黒パターンで使っているのか、白パターンで使っているのか、を吟味しなくては、ただただそこへの時間とエネルギーが無駄になるばかりでなく、大切な気付きや力を育てる機会も逃します。

SNSで誰かの情報から、気付くということもあるかもしれませんが、それは厳密に言うと、その人のものです。自分にとってのものは自分の内側からやってくるものです。そのためには一人で孤独になって、感じてみる、考えてみる、自分にとってのそれを・・その体験がとても大事です。

孤独でいることのすがすがしさを感じてほしい。孤独の持つ力を感じてほしい。そして、孤独でいられることと誰かといられることとの両方を体験してほしい。

「あの人って孤独よねえ、誰も友達がいないのかしら、可哀そうな人ね」とうわさされたり、見られたり、ときにはします。でも、それはそう言う人の黒パターンであり、自分がそれを受け止める必要はありません。人の黒パターンを背負うことはないから。

孤独の勧め。

本当の自分に戻る
2017/03/01

せかされるように毎日やることがある、きっとほとんどの人が。あれやって、これやって、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ・・・と。

そういう状態にありながら自分の内側を意識することはなかなか難しいかもしれません。ですから、最初のうちは意識的に自分に向き合う時間をつくることも必要かも。それは数分でいいんです。慣れてくればその数分が今までのせかせかしている時間とは違うものに感じられると思います。こういう小さな体験で十分です。

その小さな体験をそのうち数を増やすとか、もう少し長くしてみるとか、できるようになれば、何かを行いながらやるとか、そうやっていけばいいだけです。

それをやったら何を得られるんですか?と言われそうですが。一番得られるものは、忙しさから見失っている本当の自分に戻るということです。

胸腺のあたりに本当の自分「私」がいるんですが、そこに戻る意識をしてみます。

わかりやすいやり方として息を吸って・・このときに胸腺のあたりを意識・・そして息を吐いたときに・・「私」を確認、定着・・という感じ。このあたりと感じたら、呼吸とともにそこに意識をより向けていきます。うん、うん、ここにいる「私」いる、いる。

できた方は次にそれを深めてみます。これも呼吸とともに。これも息を吸ったときに「私」を確認して、息を吐いたときに「私」の奥を深く掘り下げていくように意識してみます。うん、うん、深く降りていっている。

その静けさや、広がりや、安堵感をたくさん感じてください。そして、また日常の作業にもどります。またここでせかされて動いていてもいいんです。だってずっとそれで来たのだから当然です。それは理解をしてあげてください。そのうちに、その「せかせか」にとても気付けるようになります。それは自分じゃないという違和感がそうさせます。気付ければ変えていくことができます。

そのときに、この数分が役に立ちます。その日のためにも、日々の心身のリラックスのためにも、やってみるといいと思います。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -